患者相談窓口ホットライン
出前講座
2019/09/18更新
【休診】9/13:整形外科・脳神経外科・胃腸科、9/17:内分泌内科、9/20:胃腸科、9/21:循環器内科、9/24:形成外科、9/25:整形外科、9/27:整形外科・・・詳細を見る
2019/08/16
9/27(金)10:00より久藤総合病院にて、地域住民の方を対象に研修会を行います。どなたでも参加できますので、是非ご参加ください。・・・詳細を見る

サービスの目的

久藤総合病院では、病気や怪我をしたときだけでなく、日頃から地域のみなさまに寄り添うればと考えております。通常の診療以外にも、さまざまなサービスを実施しておりますので、是非ご活用ください。

サンプル

患者相談窓口「ホットライン」

080-8997-0857(平日の9時から17時まで)

体調不良を感じる場合、受診のご相談を経験豊かな医療スタッフが応じます。早期発見と早期治療が行えるように、ご遠慮なくご連絡してください。

ホットライン詳細はこちら

サンプル

リハビリ入院

テキストテキストテキスト

短期間の入院をしていただき、集中的にリハビリを実施することで、在宅生活における困り事や不安を解消し、住み慣れた場所で安心して生活を送り続けることを目的とした『リハビリ入院』を実施します。

リハビリ入院詳細はこちら

サンプル

出張講座

テキストテキストテキスト

久藤総合病院で無料出前講座を実施しております。婦人会から老人会まで、小人数から多人数まで、健康で長生きするために!

テキストテキストテキスト

 

患者相談窓口「ホットライン」

平日の9時から17時まで対応します。
体調不良を感じる場合、受診のご相談を経験豊かな医療スタッフが応じます。
早期発見と早期治療が行えるように、ご遠慮なくご連絡してください。

こんな時にご利用ください

患者相談窓口ホットライン

 

リハビリ入院

短期間の入院をしていただき、集中的にリハビリを実施することで、在宅生活における困り事や不安を解消し、住み慣れた場所で安心して生活を送り続けることを目的とした『リハビリ入院』を実施します。

実施内容

  1. 入院時のアセスメント
  2. 個別リハビリの実施
  3. 自主トレーニングメニューの作成と実施
  4. 自己管理・介護予防・栄養指導などのリハビリ教育
  5. 家屋評価(必要に応じて)
※利用者の状態に応じて実施内容は変更します。

対象となる方

  • 関節痛や筋力低下による運動機能の低下のある方
  • 不活発や閉じこもり傾向による運動機能の低下のある方
  • 漫然とした精神的不安を感じている方
  • 認知機能の低下を感じている方
  • 栄養面や飲み込み・口腔機能に不安を感じている方
  • 一時的な家庭の都合による入院が必要な方

リハビリ入院

入院期間

2週間~1ヶ月程度

費用

基本的な地域包括ケア病床への入院と同様の費用が必要となります。

連絡先

久藤総合病院 地域連携室 山﨑(看護師)
TEL:080-8997-0857(ホットライン)

 

出張講座

2019年7月から、久藤総合病院で無料出前講座をはじめます。婦人会から老人会まで、小人数から多人数まで、健康で長生きするために!

講座内容

リハビリ部門

<< 座学と実技・体操系 >>
  1. 転倒とその予防体操
  2. 腰痛とその予防体操
  3. 膝痛とその予防体操
  4. 肩こりとその予防体操
  5. ロコモ(ロコモティブシンドローム)とその予防体操
  6. 口腔・嚥下機能とその予防体操
  7. 認知症の基礎とその予防体操
<< 座学 >>
  1. 適切な杖・靴・歩行補助具のポイント
  2. 失語症・言語障害支援(接し方)のポイント
  3. 認知症の基礎と認知症に対する支援(接し方)のポイント
  4. 適切な住まいのポイント
  5. 脳卒中のはなし

看護部

<< 座学 >>
【看護部長:土山 琴美】
  1. 看取りって
【皮膚排泄ケア認定看護師:山田 ゆかり】
  1. スキンケア 乾燥予防で美肌に。
  2. フットケア あなたの足は大丈夫?
【感染管理認定看護師:金谷 周】
  1. 自宅でできる感染予防について~手洗い・マスク~
  2. 自宅でできる感染予防について~インフルエンザ・ノロウイルス~

栄養部門

<< 座学 >>
【栄養管理士】
  1. 低栄養にならない食事の工夫
  2. 脱水予防~水分の摂り方~
  3. 嚥下食~高齢者にやさしい食事~

連絡先

久藤総合病院 地域連携室 山﨑(看護師)
TEL:080-8997-0857(ホットライン)