茶谷看護副部長からご挨拶

看護副部長茶谷香私は、人と接する仕事に就きたい。早く仕事がしたいと、当病院に就職することになりました。当病院の面接時、看護師を目指さないかと声をかけて下さり、小さい頃から看護師になりたいと思っていた意思が再び芽生え、看護学校に進むこととなりました。

働きながらの看護師取得は波大抵ではありませんでした。そのつらさも先輩方の指導と病院の教育体制があったこと、また患者様との出会いの中で、自分が成長させていただきました。就職時のきっかけで看護の世界に入りましたが、日頃、人との出会いは縁であり、大切であると感じております。

長い期間、病棟勤務でありましたが、昨年から外来での勤務となり、毎日、疾患を抱えながら通院されている患者様、急な疾病で来院される患者様、様々な目的で病院に来院される方々がおられます。国が地域包括ケアシステムを構築し、住み慣れた地域で安心して暮らしていけるように支援することが推奨されています。そのシステムの中での当病院の役割、また外来の役割、患者様の意思はどうなのかを踏まえ、適切な医療や看護が提供できることをモットーに毎日、取り組んでいます。

入院前から退院された後も患者様に寄り添い、元の生活に戻れるのか、どのようにすれば生活を維持していけるのか等を視野に入れて関わらせていただく必要があるとも考えています。そこで、外来での相談・支援体制を強化していき、患者様が当病院で相談して良かったと思えるように各関係者との連携を強化していきたいと思っています。

また、私は一昨年、医療安全への研修を受け、当病院の医療安全体制の構築に取り組んでいます。医療安全管理者としての前任者はいなく、以前は推進者としての活動は行ってきました。当院は創立の精神「和顔愛語」を基本理念とし、患者様本位の医療を実施し、地域に根差した病院づくり目指しています。その中での安全確保は最も優先されるべき事項であります。医療の主体である患者様及び担当する医療従事者が共に協力し合って、職員個人レベルでの事故防止への取り組みと病院全体での組織的事故防止策を推進することにより、患者様が安心して安全な医療を受けることができる環境づくりに努めてまいります。

久藤総合病院 看護副部長 茶谷香

山崎看護副部長からご挨拶

看護副部長山崎朱美母親が看護師だったこともあり、私もこの世界へ入りました。看護学校を卒業後に准看護師として当病院で勤務開始。ところがすぐに結婚と育児が重なって、10年ほど看護職から離れることになったんです。

子どもが大きくなってから当院に戻らせていただいたのですが、私が習っていたころと比べ医療がかなり変わっていました。そのため30歳を過ぎてから看護学校で勉強をし直し、正看護師として勤め始めました。その後は20年近くずっと久藤総合病院で働いています。

療養病棟でキャリアを過ごしてきましたが、昨年4月から地域連携室の退院支援専従看護師になりました。それまでソーシャルワーカーさんや社会福祉士さんが頑張っていらっしゃったところに、看護師として初めて入ることになったのです。

ともかく退院支援についての経験がなかったため、新しい知識をどんどん覚えているところです。看護師の前任者がいなくて手探りで進める中、ある患者さんを退院させることができました。一度、ご自宅の様子を見に行ったところ、いつも座っているという椅子に腰掛け、幸せそうに過ごしていたんです。そんなリラックスしている姿を見て、退院支援のやりがいを感じているところです。

また、私は看護部の委員会の教育部門も担っています。久藤総合病院では昨年、新人教育のためのクリニカルラダー制度を設けました。新人看護師のレベルを1~5までに分け、看護師長などと相談しながら着実にキャリアアップする支援をしています。新人看護師にはプリセプターがつきますが、新人を教育する立場の人へもしっかり指導をして、成長していけるようにバックアップしています。

看護という仕事には、新しい技術や知識がどんどん入ってきます。看護学校を卒業して勉強は終わりというわけではないんですね。私が看護学校で勉強し直したように、ずっと学び続ける必要がある。そしてすべての看護の経験が本人のためになっていきます。

当病院はとてもアットホームな雰囲気で楽しく勤務できますが、看護者は患者さんの人生に関わる責任ある仕事でもあります。患者さんへの対応や言葉掛けひとつが、大げさに言えば人生へ影響を与えるんですね。自分が病院という大きな環境の一部になる気持ちで、誠実に勤務してほしい。みなさんも「ありがとう」と笑顔で言ってもらえる、ステキな看護師になってください。

久藤総合病院 看護副部長 山﨑朱美